スタッフブログ|ダイビングライセンス nature(ネイチャー)

  • お問い合わせ

ブログ

  • ライセンス取得コースeラーニングとは

     

    まいど~paperまるちゃんですhappy01
    前回のライセンス取得コースの種類に続いて今回は、eラーニングについてお話します。

     

    【ライセンス取得コース¥〇〇,〇〇〇】
    【ライセンス取得コース eラーニング¥〇〇,〇〇〇】
    とダイビングショップのホームページに掲載されている場合は、たいがいeラーニングの方が¥10,000~¥20,000安いです。
    『それじゃeラーニングの方がええやん』と思いますよね。
    ただし別途eラーニング費〇〇〇米ドルと記載さていることが多いです。
    eラーニングコースは、お客様自身でPADI(ダイビング指導団体)のホームページからeラーニング用教材をクレジットカード決済で購入し、ご自宅のPCを使用して学習していただきます。
    PADI本部がアメリカのため支払いが米ドルとなり、日によってレートが違うため金額が微妙に変わってきます。
    最終的にお客様が負担するライセンス取得コースの代金は、通常コースでもeラーニングコースでもさほど変わらないか、場合によってはeラーニングの方が高くなる時もあります。
    それではeラーニングコースのメリット面・デメリット面を説明させていただきます。

     

     

    メリット面

    通常コースだと学科講習は、ショップで受講となりますがeラーニングコースは、ご自宅のPCを使用して自分の好きな時間にeラーニング教材で学習し、学科講習を完結させることができます。
    お仕事等で学科講習をショップで受講するのが難しい方やショップが遠方にある方には有効的です。
    ショップ側としても学科講習をする手間が省け、PADIから仕入れる教材のコストを削減できるメリットがあります。
    因みに当店の学科講習所要時間は、4時間ほどです。

     

     

    デメリット面

    オンラインでの学科講習となるため、担当インストラクターとのコミュニケーションが不十分になりがちとなり一度も担当インストラクターと会わずに実技講習当日を迎えるということもありえます。
    ライセンス取得コースを受講するお客様は、初めての水中世界に期待する半面、少なからず不安要素がある方が多いです。
    お客様の心理として『どんなインストラクターが教えてくれるんやろ?』という不安要素の一つは、学科講習をショップで受講し、一度でも担当インストラクターと会っておけば軽減されるはずです。
    またインストラクターは、お客様と対面してコミュニケーションを取ることで様々な情報を得ることができます。
    事前に情報を得ることで実技講習までに少しでもお客様の不安要素を取り除ける準備ができます。

     

     

    最後に・・・
    通常コース及びeラーニングコースどちらも一長一短がありますが、お客様の環境でどちらのコースが最適かは様々です。
    迷われた場合はショップに直接相談しましょうsmile

    【ライセンス取得キャンペーン】shine
    詳細はこちらへ

    【ダイビングツアー情報】smile
    詳細はこちらへ

  • ライセンス取得コースの種類

     

    まいど~paperまるちゃんですhappy01
    前回は、ダイビングショップの選び方についての内容だったので
    今回はライセンス取得コースの種類についてお話したいと思いまーすscissors

     

     

    【ライセンス取得コース¥〇〇,〇〇〇】
    と各ダイビングショップのホームページに掲載されていますがライセンス取得コースには大きく分けて2つあります。
    当店はPADI(ダイビング指導団体)のダイブセンターなのでPADIのライセンス取得コースについてお話しさせていただきます。
    PADIではオープン・ウォーター・ダイバー(OWD)コースとスクーバ・ダイバー・コースの2種類あり、どちらもノンダイバーの方が最初に受講するライセンス取得コースの位置付けとなります。
    他団体だとコース名が違うので注意です。

     

     

    まずは、オープン・ウォーター・ダイバー(OWD)コースとはどのようなコースなのか

     

    スキューバダイビングの潜水計画から海況判断、トラブルの回避など、安全にダイビングを楽しむために必要な知識とスキルを身につけるための初心者向けのコースです。
    このコースを修了すると、※1受けたトレーニングと経験の範囲内でインストラクターやプロダイバーの※2監督者なしのダイビングができるようになります。
    またダイバーとして必要な知識・スキルを身につけた証明として、PADIからCカード(ライセンスカード)が発行されます。

     

    ※1『受けたトレーニングと経験の範囲』とは、コース内で使用するダイビングスポットで経験した海況(水面コンディション、透明度、水温等)や経験した深度、その日使用した器材(道具)などを指します。

    ※2『監督者なしのダイビング』とは、バディ(一緒に潜るパートナー)と一緒に自己責任でダイビングを楽しむことを指します。

     

    自分の趣味として、自己責任のもと本格的にダイビングを楽しみたいあなたには、最短3日間で取得可能なOWDコースがおすすめです。

     

    参加前条件

    年齢15歳以上(Jr.オープン・ウォーター・ダイバーは10歳以上)

     

    コースを修了するとできること

    1.自分達でダイビングの計画を立て、バディ・システムを守りながらダイビングを楽しむことができます。
    2.インストラクターなどの引率をつけずにコンディションの良い海でダイビングができます。
    3.ダイビング器材の購入やタンクや器材レンタルなどのサービスが受けることができます。
    4.アドヴァンスド・オープン・ウォーター・ダイバー各種スペシャルティ・ダイバー・コースに参加できます。

     

     

    続いてスクーバ・ダイバーコースとはどのようなコースなのか

     

    『OWDコースを受けてみたいけど時間がない』『OWDコースより簡単にダイビングを始められる方法はないの?』・・・そんな方のためのコースがスクーバ・ダイバー・コースです。
    このコースを修了すると、インストラクターなどのプロダイバー監督下のでダイビングを楽しむことができます。
    講習内容は、OWDコースの前半部分と同じです。(最短2日間で取得可能)

     

    参加前条件

    年齢15歳以上(Jr.スクーバー・ダイバーは10歳以上)

     

    コースを修了すると・・・

    1.PADIのプロダイバー引率でダイビングを楽しむことができます。
    2.水深12mまでのダイビングが可能
    3.ダイビング器材の購入やタンクや器材レンタルなどのサービスが受けることができます。
    4.OWDコースへのステップが容易になります。

     

     

    どちらのコースもライセンス取得コースですが
    OWDコースに比べスクーバ・ダイバーコースの方が安価且つ短期間で取得可能ですが、決定的に違うのが水深です。
    OWダイバーは水深18mまでダイビング可能ですがスクーバ・ダイバーは水深12mまでしか行けません。
    一見、水深12mってけっこう深い所まで行けそうに思いますが実際にボートダイビングのポイントでは限られた範囲でしかダイビングできないことが多いです。
    以前、アドヴァンスド・オープン・ウォーター・ダイバー(AOW)コースを当店で受講されたお客様が、お申込み時にCカード(ライセンスカード)を確認するとスクーバー・ダイバーだったことがあります。
    PADIではスクーバー・ダイバー→OWダイバー→AOWダイバー
    とステップアップしていくためOWDコースを受講いただいてからAOWコースの受講となり余計な時間とコース料金を負担いただくことになりました。
    安価なライセンス取得コースはスクーバーダイバーコースの可能性があるのでホームページに掲載されているライセンス取得コースの詳細を必ずご確認下さい。
    ホームページに掲載されていない場合はショップに直接確認しましょう。
    体験ダイビングよりもうちょっとだけ水中を自由に動きたい方は手軽なスクーバーダイバーコースをsmile
    本格的にダイビングを楽しむならOWDコースからの受講をおすすめ致しますgood
    続きは『ライセンス取得コースeラーニングとは』へ

     

    【ライセンス取得キャンペーン】shine
    詳細はこちらへ

    【ダイビングツアー情報】smile
    詳細はこちらへ

  • 5月4-5日 串本ツアー!(2日目)

    まいど~paperまるちゃんですhappy01
    昨日に引き続き
    透視度は・・・やけどsun
    元気に3ボートダイブsmile
    いざ出陣dash

     

    白飛びしやすい被写体やねんけど
    ナイスgoodストロボワークcamera
    【ゾウゲイロウミウシ】
    Photo by つっつん

     

    ネーミングがえぇやんhappy02
    一体、誰が付けてんやろsign02
    【フルーツポンチウミウシ】
    Photo by はらぐちさん

     

    背景のイソバナが綺麗っすsign03
    ピントもばっちりgood
    【ホシササノハベラ幼魚】
    Photo by はらぐちさん

     

    めっちゃ可愛いやんlovely
    イソギンチャクから顔を出した瞬間camerashine
    ナイスやわーgood
    【クマノミ幼魚】

    Photo by はらぐちさん

     

    予想通りのflair
    グリーンティーな透視度sweat01
    生物多彩やから
    それでも楽しめるんが串本の海やねんsign03
    ほんま好きやわ~notes
    ほな さいならpaper

     

    【ライセンス取得キャンペーン】shine
    詳細はこちらへ

    【ダイビングツアー情報】smile
    詳細はこちらへ

  • 5月4-5日 串本ツアー!(初日)

    まいど~paperまるちゃんですhappy01
    GWはもちろん串本へrvcar
    天気はサイコーsun海況もナイスーgood
    透視度は・・・刺激たっぷりやーんsweat01
    ほな いくでーdash

     

    一輪の花みたいlovely
    小指の爪半分ぐらいのウミウシscissors
    【ヒロウミウシ】
    Photo by つっつん

     

    額のブイラインが特徴sign03
    左上のイバラカンザシも良いアクセントwink
    【アマミスズメダイ幼魚】
    Photo by きょんちゃん

     

    お客さんが自分で探しはったshine
    お見事sign03ほんでもって
    ガイド見れず~cryingなんてこったいshock
    【クマドリカエルアンコウ】
    Photo by つっつん

     

    こりゃめっちゃ綺麗わsign03
    この魚をこんなに綺麗に撮るとわsmile
    あっぱれ~notes
    【シラコダイ】

    Photo by きょんちゃん

     

    透視度悪くたって関係ねぇー
    生物多彩なんで楽しめてしまう串本の海happy02
    ほんま素敵やわーlovely
    ほな さいならpaper

     

    【ライセンス取得キャンペーン】shine
    詳細はこちらへ

    【ダイビングツアー情報】smile
    詳細はこちらへ

  • ダイビングショップの選び方

     

    まいど~paperまるちゃんですhappy01
    GW突入ーdashダイビングシーズン到来も間近sign03
    これからダイビングライセンスを取得しようとしている皆様へ
    ダイビングショップの選び方を僕なりにアドバイスさせていただきまーす
    宜しければ参考にして下さいねー

     

     

    ダイビングは海で行うスポーツなので沖縄の海や地元の海の近くにあるダイビングショップに申込み、現地まで自分達で行きダイビングライセンスを取得をするイメージが強いと思います。
    ところが大阪などの都市部でもダイビングライセンスが取得できるんです。
    現役ダイバーもダイビングライセンスは大阪などの都市部のダイビングショップで取得し、遊びのダイビング(ファンダイビング)を沖縄などのリゾート地で楽しんでいるダイバーは多いです。
    職場や自宅近くのダイビングショップで手軽にダイビングライセンスを取得しちゃいましょー

     

     

    まず重要なのはどのダイビングショップでライセンスを取得するか?
    これが全てと言っても過言ではありません。
    自分が納得したショップでライセンス取得コースを受講できればライセンス取得後も楽しいダイビングライフが期待できます。

     

     

    ショップを選ぶ際にまず目が行くのは、コース料金です。
    安いにこしたことはないですが一見、ホームページに掲載されている料金が安くとも別途でレンタル器材代やライセンスカード申請代などが必要なケースがあります。
    【コース料金に含まれないもの】
    としてショップのホームページに掲載されているずなので別途費用を必ず確認して下さい。
    念のため、ショップに直接メールか電話で問い合わせればより完璧です。
    質問に対して明確な返答がない場合は他のショップをご検討下さい。

     

     

    次にライセンス取得コースの人数比です。
    これもかなり重要です。
    いくらコース料金が安くともインストラクター1人に対してお客様が5、6人いるとコース内容の質の低下に繋がります。
    また、お客様の安全管理も難しくなります。
    理由として、ライセンス取得コースでは様々な水中スキルを練習します。
    水中スキル達成に要する時間は、お客様の体力や性別、年齢などで個人差が生まれます。
    お客様同士の協調性を保ちつつ、できる限りお客様のペースでコースを開催し尚且つ、しっかりと安全管理をするならインストラクター1人に対してお客様が最大で3人まででコース開催が望ましいと思います。
    人数比も親切なショップならホームページに掲載されています。
    また、掲載されていない場合でもショップに直接メールか電話で問い合わせれば教えてくれるはずです。
    こちらの質問も明確な返答がない場合は他のショップをご検討下さい。

     

     

    以上のことをまとめると、ダイビングショップ選びで大切なのは
    ライセンス取得コースの明確な料金詳細とコースを開催する上での人数比インストラクター1人に対してお客様3人ぐらいまででコースを開催し、できる限り安価で自宅や職場から近いsign03
    上記全てを満たすダイビングショップは少ないですが、ある程度の妥協ラインをお客様自身で決めると見つかり易いと思います。

     

     

    ショップが絞れたら次は、ライセンス取得コースの説明を聞いて下さい。
    直接、電話して聞くも良し来店して聞くも良し
    スタッフの対応やショップの雰囲気をご自身で確かめましょう。
    自分が納得のいくショップを見つけライセンス取得コースを受講下さいね
    最後に・・・
    今回の記事は、あくまで個人の見解ですのでご理解下さい。
    続きは『ライセンス取得コースの種類』へ

    【ライセンス取得キャンペーン】shine
    詳細はこちらへ

    【ダイビングツアー情報】smile
    詳細はこちらへ

2022年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリ

月別

ご相談やご質問等、お気軽にお問い合わせください。
  • お電話でのお問い合わせ
  • インターネットからは24時間受付 メールでのお問い合わせ